韓国ドラマと日本ドラマの違いは?どこが魅力?おすすめ作品を紹介!

  • by

日本での「韓国ドラマ」人気の火付け役となった2つのドラマ。
「梨泰院(イテウォン)クラス」と「愛の不時着」です。
「梨泰院(イテウォン)クラス」は、父親を殺された主人公が、個性的な仲間たちとともに復讐に燃える物語です。
「愛の不時着」は、韓国財閥の令嬢であるヒロインが突風によるパラグライダー事故で北朝鮮に不時着し、そこで北朝鮮のイケメン将校と出会い、禁断の愛を育むというもの。
いわゆる「日本のドラマ」は、1話あたり40分から50分程度が一般的である。
一方、韓国ドラマは1話60分以上が一般的で、CMはない。
放送回数は一般的に週2回で、最低16回の放送がある。最大の違いは予算である。
韓国ドラマの予算は大河ドラマに匹敵すると言われている。
韓国は国レベルでエンターテインメントを支援しており、国策として韓国ドラマを世界に発信している。
ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビンを「韓流四天王」と思っている人も多いだろうが、彼らは15年前の「旧韓流四天王」なのだ! ちなみに、ペ・ヨンジュンは韓国で5本の指に入る大富豪になったそうです。
そして、現在の「新韓流四天王」は、イ・ミンホ、イ・ジョンソク、キム・スヒョン、キム・ウビンの4人だと言われています。
特にイ・ミンホは人気が高く、彼がフィリピンに行ったとき、「イ・ミンホが来る日を休日にしよう」と国を挙げて大騒ぎになったそうだ。
また、中国ではイ・ミンホに似せるために彼氏に整形手術を受けさせるという風潮もあった。
ここで、「日本の恋愛ドラマ」と「韓国の恋愛ドラマ」の違いを大きく4つに分けて見てみよう。
まず、第一の違いは、「設定の違い」である。
韓国ドラマでは、とにかく主人公とヒロインが軽いノリで設定されている。
日本では考えられないような設定が多い。
そこで、過去15年間に放送されたTBSの恋愛ドラマの主人公とヒロインの設定を調べてみると、3番目に多いのが「社会人と学生」という設定であることがわかる。
これは、「日本の恋愛ドラマ」は視聴者に馴染みのある設定であり、「韓国の恋愛ドラマ」は非現実的な設定であることを示している。
韓国ドラマについて詳しくは下のページで解説中。
2022年おすすめの韓国ドラマはコレ
いろんなおすすめドラマを紹介しているので、ぜひ視聴の参考にしてください。