社労士試験勉強の対策方法は?しっかり対策するためのコツを伝授します!

  • by

社会保険労務士試験の勉強方法について悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
会保険労務士試験に合格するためには、効率的な勉強法に取り組むことが一番の近道です。
まずは、このページの「合格に導く社会保険労務士試験の勉強法」を参考に、何から始めればいいのか、どんな勉強法を実践すればいいのかを見てみましょう。
社会保険労務士試験の受験を決めたら、まずは「勉強法」を考えることが大切です。
社会保険労務士試験に限らず、どのような資格対策にも共通することですが、決められた試験日に向かって試験対策を行う必要があります。
そのため、長期的な計画に基づいて勉強を進めることが肝要です。
ただし、社会保険労務士試験の受験者の多くは社会人であるため、堅苦しい計画に縛られるのは得策ではなく、ある程度柔軟な見通しを持った方が効果的な傾向があります。
それでは、社会保険労務士試験の基本的な学習計画を、各期間ごとに大まかなテーマを決めて確認していきましょう。
社会保険労務士試験の学習時間は、一般的に約1,000時間と言われています。そのため、学習スケジュールは「1年計画」を基本とするのが原則です。
「短期合格」を謳う資格制度もありますが、社会保険労務士試験の膨大な出題範囲とレベルに対応するためには、それなりの時間と労力が必要です。
すでに受験して基本をマスターしている方、実務経験があり試験対象法の知識がある方でも、油断は禁物です。
試験当日に思わぬ抜け漏れがないよう、十分な時間をかけて徹底した試験対策を行ってください。
年間を通じて正しい試験学習計画を立てれば、初心者や実務経験のない方でも難なく合格することができます。
9月、10月といえば、まだ今年の試験の余韻に浸っている受験生も多いのではないでしょうか。
しかし、来年の試験日まですでに1年弱が経過している。
十分な学習時間を確保するためにも、今年の試験が終わったらできるだけ早くスタートするのがベストです。
社会保険労務士試験の勉強法は、自分に合った勉強法を選ぶのが一番です。
教材サンプルや今年の試験の解答速報、各社のクチコミ情報などを確認・比較し、自分に合った勉強方法を見つけてください。
また、10月頃に社会保険労務士試験の各科目の概要を把握しておくと、今後スムーズにインプットすることができます。
社労士のおすすめの通信講座については下のページで現役の社労士が解説しています。
きっとアナタに合った通信講座を見つけることができると思うので、受講の参考にしてください。
社労士おすすめ通信講座を徹底比較