妹よ! 毎日10回は多過ぎだ! 「だってわたしお兄ちゃんの携帯便女だもん?」

  • by

妹よ! 毎日10回は多過ぎだ! 「だってわたしお兄ちゃんの携帯便女だもん?」
「……っ!」
な、なんてことを……そんな堂々と。
俺は絶句するしかなかった。
「わ、わかったからもうやめてくれ……」
「えへへー」
妹が嬉しそうに笑う。
まったく、こいつは……。
https://snickers-cinderellagirls.jp/d_141527/
だが、その笑顔を見ていると怒る気も失せてしまうのだった。
『兄と妹の日常』を読んで頂きありがとうございます。
作者です。
今回はちょっとお知らせをさせて下さい。
実はこの度、カクヨムコン6に応募しました。
6月30日締切で、7月1日に一次選考の結果発表があります。
もしよろしければ応援して頂けると嬉しいです。
それでは今後ともよろしくお願いします。
今日は日曜日。
朝から天気が良くて気持ちがいい。
そんな朝に、俺はリビングでテレビを見ていた。
特に見たい番組があるわけでもないのだが、なんとなくつけっぱなしにしているだけだ。
ぼーっとしながら画面を眺めていると、CMに入った。
すると、突然画面に見覚えのある顔が映った。
「えっ!?」
思わず声が出てしまった。
それは、俺のクラスメイトである佐藤だった。
しかも、なぜか水着姿になっている。
どういうことだ? 一瞬わからなかったが、すぐに思い出した。
そういえば、今度発売になる新作ゲームの宣伝のために、テレビでコマーシャルを流しているんだった。
すっかり忘れていた。