世知辛いアプリ婚活

  • by

社会人1年目の冬、独り身の寂しさに耐えかね婚活を決意しました。
彼氏ではなく、未来の旦那探しです。
当時23歳と若かったですがコロナ禍の影響なのか周りの友人もちらほらと結婚したり同棲を始めたのです。
今話題のマッチングアプリに1ヶ月挑戦しました。登録したアプリは「Pairs」「東カレ」「Dine」
結果10人以上の男性と出会いました。
マッチングアプリを比較する
同年代の男性で結婚を意識している人はほぼいませんでした。
結婚願望があるのはせいぜい30代を超えている人で、10個以上年が離れている人とのお付き合いは正直気が引けました。
1人34歳の外科医の方がいらっしゃって初めて会った日から猛アプローチされましたが残念ながらタイプではなかったので交際を申し込まれた時にお断りしました。
会う度彼は「私と結婚したら〜」と結婚後の妄想話をしてきました。医者の妻、彼のタワマンでの生活、地位、名誉、彼と結婚したら仕事辞めれるのかな・・何度か結婚しちゃおうかなと揺らぎましたが愛なしの結婚は私は無理なのだと痛感しました。
アプリ婚活をしていて1つ学びとなる出会いがありました。29歳カーディーラーの方と焼き鳥屋でデートでした。
アプリを始めた目的をヒアリングすると女性と真剣に付き合いたいけど「結婚」を前提には荷が重い。
だから結婚をまだ意識していないであろう20代前半の子と付き合いたいとはっきり宣言する方もいました。
心中をあまりにもはっきりと言葉にされて腹立たしさ、惨めさも感じました。ただ男性の本音を思い知る機会になったのです。
婚活をする上で相手に結婚願望があるかきちんと聞き出すことは大事だと学びになりました。
恥ずかしく、傷つくこともあるかもしれませんが結婚する気がないのに付き合っていてもお互い時間の無駄になりますもんね。
結果としてアプリ婚活で私は旦那も恋人見つけられずに終わりました。
アプリ婚活を通して街ですれ違う恋人達、夫婦の存在自体が奇跡だと感じるようになりました。
他人に感心している場合ではありません。今年25歳のアラサーになりました。
出会いの母数を増やし素敵な旦那と出逢おうと思います。