【速報】「カネ返せ」沸騰した湯を全身に数十回ぶっかけ・・・“集中治療室 6日間” 三菱UFJ銀行の子会社社員の男を逮捕!???

三菱UFJ銀行の子会社の社員の男が、大学院の先輩の男性の体に熱湯を数十回かけ、大やけどを負わせたとして逮捕されたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
捜査関係者によりますと、傷害の疑いで逮捕されたのは、三菱UFJ銀行の子会社「三菱UFJインフォメーションテクノロジー」の社員、奥村圭史容疑者(33)です。
奥村容疑者は今年8月27日未明、東京都港区のホテルの浴室で、部屋にあった電気ケトルの熱湯を男子大学院生(33)の体に何十回もかけ、重傷を負わせた疑いが持たれている。
容疑者は男性を四つん這いにさせ、服の上から数十リットルの熱湯をかけ、顔の皮がはがれるなど全身に大やけどを負わせたという。
午後2時頃、男性は港区のホテルを出発し、午後8時半にJR川崎駅に到着。事件から約1日後の翌日午前2時半、駅構内のベンチに仰向けに倒れているのを警備員が発見した。
奥村は事件の3カ月前、この男から仕事のトラブルについて相談を受け、その後「トラブルを解決するために反社から200万円を借りた」とウソをついて金を要求してきたという。
捜査関係者によると、奥村容疑者は今年6月以降、「反社会的勢力(反社)」が取り立てに来ると言って、男性から現金250万円以上を脅し取ったとみられている。
犯行当日は、SNSで男性に連絡し、「借金の支払いが足りないから、午前2時までにホテルの部屋に来てほしい」と伝えたという。???