「絶対に捕まらないようにします」元電通“五輪招致のキーマン”への安倍晋三からの直電!?

知事の手に落ちた「五輪招致のキーマン」と「長銀潰しの男」 文藝春秋10月号から、ジャーナリスト・西崎信彦氏の『「バブル兄弟」高橋晴行・晴範の虚栄』を抜粋してお届けする。
[画像】高橋は安倍首相の電話で「捕まりたくない」と言ったとされる。
◆◆◆
中心になってほしい”
五輪招致に向けた安倍政権の枢要な役割
 2016年の東京オリンピック招致に敗れ、2020年の再招致を正式に表明してから約1年3カ月後の2012年12月、久々に自民党が政権に復帰し、第2次安倍晋三内閣が発足した。
 安倍政権の五輪招致のキーマンとなる人物は、当時の状況を知人に「最初は五輪招致に携わっていたんですよ。
最初は、オリンピック招致に関わるつもりはなかったんです。安倍さんから直接電話があり、中心的な役割を果たすように言われたが、『過去にオリンピック招致に関わった人はみんな逮捕されている。私は捕まりたくないんです』と言って断りました。でも、安倍さんは『心配するな。高橋さんは絶対に捕まらないようにする。高橋さんを守るから」と約束してくれた。その約束があったからこそ、私は招致に携わることができたのです」。
 しかし、五輪招致が実を結び、大会が無事終了した後、約束の主である安倍元首相が凶弾に倒れ、招致の立役者は司会者の手に落ちてしまったのである。
 東京地検特捜部は17日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の元理事、高橋晴行容疑者(78)を贈賄の疑いで逮捕した。高橋氏は、大会スポンサーの紳士服大手「AOKIホールディングス」から計5100万円の賄賂を受け取ったとみられている。
 高橋氏は、AOKIの創業者で前会長の青木宏典氏とゴルフを通じて知り合い、2005年9月に自身のコンサルティング会社「コモンズ」を通じてAOKIと顧問契約を締結した。その後、AOKIが東京五輪のスポンサーになる手続きを進め、さらにAOKIが競技団体に行った寄付の一部である2億3000万円が高橋氏に渡っていたことが判明した。
 また、贈収賄犯として、AOKIの青木元会長、その弟で元副会長の青木保久氏、保久氏の秘書を務めていた専務執行役員も逮捕された。
AOKIは、カラオケ店「コート・ダジュール」や結婚式場「アニヴェルセル」などが好調だが、衣料品事業は苦戦を強いられている。青山のアニヴェルセルには会長、副会長のプライベートラウンジがあり、高橋さんや五輪組織委員長だった森喜朗元首相をもてなした」と青木元会長を知る同社幹部は言う。
 高橋氏は元電通専務取締役で、スポーツビジネスに精通し、絶大な影響力を持つ実力者として知られていた。